前へ
次へ

結婚式場はいつ挙げるかも問題になる

結婚式が多い時期として良く挙げられるのが6月です。
ジューンブライドと言われていて、欧米などでは6月に挙げる人が多いとされています。
キリスト教式の結婚式が日本で一般的になるのと同様ジューンブライドも日本では言葉としては知られていますが、いざ式を行おうとするといろいろ問題があることに気が付きます。
実は日本は6月は梅雨も真っただ中で雨が降る確率が他の月よりも多くなります。
ゲストの苦労なども考慮してあまり6月に行わないとされています。
結婚式場を選ぶときにはいつ挙げるかが大事で、シーズンと呼ばれる時期に挙げるのであれば早めに準備をしなければいけません。
日本で人気があるのが9月後半から11月にかけての秋で、天気になりやすく気候も暑すぎず寒すぎないことから選ばれやすいです。
結婚式場を利用するのは土日が中心になりますが、この時期は祝日も多くなるので選べる日は多くなります。
秋に行いたいと考えるなら半年より前から探した方が良いでしょう。

Page Top